iPhone5seやiPad Air3のモデル予想!性能はどこまでアップする?

こんにちは。

2015年9月にiPhone6sやiPad Proなど多数の新商品が発表され、そして発売したばかりのApple製品ですが、約半年後の2016年3月15日に更なる新商品が発表となる可能性が高まりました。

以前から幾度となく話題に上がっていた4インチiPhoneの復活となるか?

Sponsored Link

4インチのiPhone5se

新商品の噂になっているうちの一つが、4インチのiPhone。

現在主流になっているiPhone6やiPhone6sは4.7インチと大型になっています。

plusモデルは5.5インチとかなり大きいサイズです。

そこで最注目を浴びたのが4インチというコンパクトサイズのiPhoneというわけです。

このサイズは少し前のモデルであるiPhone5sと同じ。やはりそもそもの携帯性が重視されていることでしょう。

個人的にはiPhone6などのplusモデルはもはやタブレット。笑

使っている訳ではないので出しゃばったことは言えませんが、「携帯電話」としてくくるのは難しいのではないか?と思います。

あれならiPad miniを持ったほうが使いやすいのでは?電話はガラケーを使うなりして。

そんな私のような意見を反映してくれるのが4インチということですね。

iPhone5seとして発表されるという説が有力になっております。

外観は過去のiPhone5sとほぼ同じで内部の性能はiPhone6sを引き継ぐか、または高性能になるかと言われております。

4インチのサイズで性能を引き継いでくれたらとても使いやすくなると思います。

欲を言えば、画面サイズはiPhone5sと同じでも薄さはiPhone6sを継いでほしいところ。そうすれば更に軽くなり携帯性も増しますので。

更に進化するiPad Air3

そしてもう一つの目玉がiPad Air3。

私はiPhoneよりiPadに興味深々であります。

しかし、iPadはiPad Air2でかなり満足してしまっている自分がいるのも事実。笑

軽さ、薄さ、性能、どれをとっても不満はありません。

iPad Air3で進化させるとしたらどこでしょうか?少し考えてみました。

ApplePencilの対応

昨年にiPad Proという超大型iPadが登場しましたね。記憶に新しいと思います。

そのiPad Proのみに使える専用アイテムも同時発売されたのは覚えているでしょうか。

それが、ApplePencil。

簡単に言えばタッチペンです。

しかしただ液晶に反応するタッチペンではなく、筆圧やペンの角度など細かいタッチを読み取ってくれる優れもの。

もしかしたらこれがiPad Air3にも対応されるんじゃないか?と少しの期待を抱いております。

iPad Proは大きすぎて購入していませんが、ApplePencilはかなり魅力的でした。

こちらの対応をお願いします。笑

薄型化

iPad Air2の厚さは6.1mm。

既にとんでもなく薄いのですが、更なる薄型化に進んでいくのではないでしょうか。

iPadは電子ノートのような感覚で使えますので薄いに越したことはありません。

こちらもこれを実現することで軽量化も狙えるので実現されると嬉しいですね。

薄型化で懸念されるのはやはり強度の問題。

iPad Air2の時点で故意に力を加えればしなるのが目に見えてわかるので更に薄くする場合には対策必須でしょう。

また、これ以上薄くするとイヤホンがささらない!ということらしいですが、私はBluetoothのみにしても構わないと思っています。

音楽を聴くのは基本iPhoneですし、出先で動画などを見たい場合にはBluetoothでの対応でどうでしょうか。

まとめ

3月15日に発表されるとの噂になっているiPhone5seとiPad Air3についての性能予測(希望)を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

Appleからの公式な発表がされたわけではないので、3月15日にイベントが本当にあるのかも定かではないですが楽しみですね!

もちろんこの記事で取り上げた2台以外の発表もあるかもしれません。

今後のAppleさんに要注目です!

(関連→タブレットの使い道とは?他と差別化できる明確な用途

Sponsored Link


【関連記事はこちら】