会社に人生の大半を捧げることの恐ろしさを感じた今日この頃

ほとんどの方は高校または大学を卒業してからは就職して会社員として生きていくと思います。

こういう私も現在は会社員。

でも実際このまま会社員を続けて良いことはあるのか?と考えた時にパッと思い浮かばないんですよね。そしてそれに気づいた時サラリーマンとして40年以上を会社に捧げることの恐怖を感じました。

Sponsored Link

サラリーマンでいることのメリットは金だけ

サラリーマンとして生きていくことのメリットをあなたはバンバン言えますか?

私は「金」としか言えないんですよね。笑

しかも金って言っても20万~30万程度。まあ30代や40代になったらもっと増えるんでしょうが、それでもたかが知れています。仕事それ自体を楽しいと思えて働けている人はそのままでいた方が良いと思いますが、つまんねーって感じている人には金しか働いているメリットを感じていないんじゃないでしょうか。

 

本来仕事って「金」より先に「楽しさ」が来るべきだと思うんです。もし仕事は楽しむものじゃないって思った方は金の奴隷になっている可能性が高いですよ。賃金を減らされようと無茶な長期出張を言い渡されようと会社にしがみつくでしょう。

と、私にとってサラリーマンでいるメリットは「金」でしかないわけです。

 

「稼ぐ」より「貰う」が強い

給料って稼いだお金だと思いますか?

私も最初は会社で働いてお金を「稼いで」いたと思っていました。でも違いますよね。極端に言えば会社に行けば給料が発生するんですから。

仮に仕事をしなくてもばれないようにサボっていれば固定給が「貰える」わけです。普通に考えたらおかしいシステム。

 

私は仕事柄、日本という国に対して提出する書類づくりを行うことが多いのですが、それでも残業しなければ給料は20万を下回ります。入社1年目に社内用の資料を作っていた時期と大して給料は変わりません。

責任の大きさは天と地ほどに差があるものの対価として支払われる給料には変化なし。

つまり給料とは仕事の対価として払われるものではなく、会社に何時間いたかによって支払われるものなのです。これじゃ稼いだなんて感じられないですよね。貰っているだけ。

Sponsored Link

人生の時間は有限

楽しくない仕事をこなしつつ、生きていくためのお金をもらいながら生活するのも1つの生き方かもしれません。

でも人生は毎日死に向かってカウントダウンしていることを忘れてはいけません。こうして私がブログを書いている間も刻一刻と死期は迫っています。そんな自分の人生の限りある時間を毎日8時間以上会社に捧げることに私は恐ろしささえ感じます。

なら会社を辞めればいい話なんですが、私もまたこの25年間の人生で「お金の奴隷」としての意識が刷り込まれています。

会社を辞めても絶対に生きていけるという自信がまだありません。

 

副業として現在は月に3~4万円を稼げるようになったのですがどうしてもまだ「えいや!」とやめられない自分がいます。いっそ副業がばれて背中を押されたいくらいです。笑

 

会社にとって社員の都合はどうでも良い

最近ふざけた条件で出張を命じられたのですが断りました。仕事としての評価は確実に下がりますが会社からの評価なんかどうでも良いと思ってきています。

急に翌日からの出張、部長クラスの人も仕事内容を把握していない、仕事の準備は自分でやれ、何が必要かはわからない、とりあえず行け。

 

は?いかねーよ。

 

とは言えなかったけど「え、行きたくないっす」と断りました。結果他の人が行くことになったけど、会社にとって社員の都合はどうでも良いんだなーと感じましたね。

嫌なものは断らないと自分の貴重な時間を削るだけです。

 

時間に無頓着でいるリスクは多い

人生の限りある時間に無頓着で言われたことだけを嫌々やっていたらあっという間に人生は終了します。

そもそも寿命まで生きられる保証はどこにもないのに人生は無限にあると勘違いしている人が多い。やりたいことに時間を使わないのはもったいないし、幸せになれません。

しがみついていった会社が急に潰れる可能性だって低くありません。

 

スマホゲームで時間を消費するのも楽しいかもしれませんが、楽しく生きるためにはどうすれば良いかをじっくり考えた方が良いです。

Sponsored Link


【関連記事はこちら】