【一人暮らし】絶対に近所にあった方が便利な施設とは?スーパーや病院その他6選

image

こんにちは。

先日は一人暮らしをテーマにこのような記事を書きました。

一人暮らしを安心して始める為の準備!家具家電

 

一人暮らし前はどうしても食事や家事に意識がもっていかれこれらを不安視しがちですが、実は立地もかなり重要視すべき項目の1つです。

お腹が空いた時にスーパーが無かったらどうしますか?

風邪を引いた時病院が無かったらどうしますか?

 

本日は私が6年間もの間一人暮らしを続けて必須と感じた施設を一挙に発表しようと思います!

これから一人暮らしを始める予定の方はぜひ参考にしてアパートなどの立地を考えてみてください。

 

Sponsored Link

 

重要度大!一人暮らしに必須な施設

一人暮らしでは食料の購入も遊びに行くのも全て自分で考え自分で行動する必要があります。

その中で近くに何があるかを把握しておくのはすごく大切です。

これは必須!と言っても過言ではないものを紹介します。

スーパー

食料は何よりも大切。

何よりも優先すべきはスーパーが近所にあるかをどうかです。

これさえあれば最低限な生活は続けていけるでしょう。

しかし無かったらもう一大事です。笑

外食に頼り切るには金銭的に限界がくるものなので自分で料理をすることを考えスーパーの場所を確認しておきましょう。

薬局

一人暮らしではいつ体調を崩してもおかしくありません。

私自身、高校3年間を皆勤したにも関わらず一人暮らしをスタートした大学の4年間で5回以上体調を崩しました。

おれは丈夫だから大丈夫と思っているあなた。

それはお父さんやお母さんが食生活から何までを管理してくれているからです。

つまり何が言いたいかというと、体調を崩した時にすぐ薬を買える環境が大切だということです。

風邪薬や胃薬を揃えておけばひとまずは安心できます。

 

また、薬局には卵や牛乳といった食材や化粧品、掃除道具まで幅広い商品を扱っておりますので利便性はスーパー以上です。

必ず薬局が近くにある物件を探しましょう。

歯医者

外科よりも内科よりも大切だと感じたのは歯医者の存在です。

極端なことを言うと、風邪は寝てればいずれ治ります。つらいでしょうが。

しかしむし歯はどうでしょう?

時間が解決してくれる問題ではありませんね。

むしろ時間の経過は敵です。

こう言う私は大学生でも歯を痛め治療し、社会人になって2年目を終える段階でも治療を受けています。

そして周りの友達や先輩にもむし歯の治療をしている人は割と多いのです。

つまりむし歯になる可能性は極めて高いと思っておいて損はないでしょう。

歯痛はひどくなると我慢できないほどになります。

勉強や仕事に集中なんてできません。

 

必ずご近所に歯医者さんがあることを確認しておきましょう。

 

重要度小!あると生活が豊かになる施設

image

次は一人暮らしに必須とまでは言わないけどもあると便利な施設を紹介していきます。

遊びなどの娯楽施設はこっちに含まれます。

病院(内科や外科)

意外に感じる方も多いかと思いますが、このような病院は必須とまでは言いません。

なぜなら上にも書いたように、風邪なら自分で治すことはできますしそれ以上の重病を負った場合はハッキリ言ってそもそも自分で病院に向かうことはできません。

このような場合は迷惑を承知で友達や親に助けを求めた方が賢明です。

 

このような理由から、自分の足で行ける距離にある必要は無いということです。

もちろんあるならそれに越したことはありません。

1人で入りやすい食堂

料理がめんどくさい。

こう思う日は必ず訪れます。笑

松屋などの牛丼屋でも構いませんので気軽に安く食事可能なお店を近場に見つけておくと良いでしょう。

カラオケ(遊ぶところ)

カラオケは例として、友達と遊べるところがあるとGOODです。

カラオケなら最悪1人でヒマな時にも行けるかなと思い代表としましたがこだわる必要はありません。

私の学生時代はカラオケとボウリング場に大変お世話になりました。

一体ボウリング場にいくら払ったのか。。

考えると恐ろしいです。笑

 

まとめ

いかがでしょうか。

初めての一人暮らしは不安なことばかりだと思いますが、紹介したものがあれば大抵どうにかなります。

何よりも大切なのは友達。

大学生にせよ社会人にせよ人と関わることは精神の安定になります。

特に大学生は授業の課題などを一緒に考えられる友達の存在は大きいです。

沢山遊べる期間でもあります(大学によってはこれに限らないが)。

 

とにかく!

生活の上ではこの記事を参考にして頂けると非常に嬉しいです!

楽しく有意義な一人暮らしを送りましょう!

Sponsored Link


【関連記事はこちら】