義理チョコは迷惑?!バレンタインでの男の本音をズバリと申す

こんにちは。

バレンタインの季節ですね。あなたはチョコレートをあげる人は決まっていますか?

本命の人、義理で配る人など様々なパターンが存在すると思います。

本命チョコというのはあげる方も一世一代の大チャレンジだし、もらった男性だってぶっ飛んで喜びます。

(関連→バレンタイン購入派にオススメする超おしゃれチョコレート3選!

 

しかし、私は義理チョコというものにとても疑問を感じます。

中でも、社内での儀式がかった義理チョコに。笑

本日は私がなぜそう思っているのか、世間の男性はどう思っているのかをお話していきたいと思います。

Sponsored Link

いちサラリーマンが考える義理チョコの価値

私は現在サラリーマンをしていますが、バレンタインの日には社内の女性の方々がそれぞれでお金を出し合ったチョコレートやお菓子をくれます。

もちろん嬉しいですし、感謝感謝なのですがどうも儀式化しているんですよね。笑

どういうかとかと言いますと、あくまでバレンタインだから、義理チョコを配るのが常識っぽい世の中だから、という雰囲気を感じるわけです。

本当に日頃から感謝してくれてその気持ちで頂けるものならこちらも気持ちよく頂けるのですが、明らかに仕事であんまり関わっていない人たちがお金を寄せ集めて買った義理チョコはどうなのかなーと。

もらっといてこんなこと考える私はクソ野郎です。笑

でもそれが本音で、女性達もチョコ選びに行くの面倒くさくないのかなーって。

面倒くさくないなら本当に感謝があるのだと思いますが、少しでも面倒臭さを感じるのならその義理チョコの価値は極めて低いと思います。

ネガティヴな気持ちが無くても、ただ買い物が好きとかだったら同じ。

たぶん男は面倒くさがり

何度もネガティヴな言葉を出して申し訳ないですが、基本的に男は義理チョコ返しは面倒くさいです。

なんで好きじゃない人にお菓子買ってやる必要あるの?って思うひとは多いと思います。

礼儀だろ。っていうならそれに価値は無いわけで。

予想ですが、多くの職場ではホワイトデーに新人くんが集金し、「何かしら買ってきて」と指示が下り、みんなで買いました!という空気を出してお返ししています。

たぶん。

私の職場は去年そうでした。笑

男社員みんなでわいわいお菓子を買いに行くわけもないですし、一人の独断で選ばれます。

先輩方はお金は出したよという雰囲気をただ寄らせます。

これに儀式がかってるなーという感想を持つのは私だけではないはず。

本命チョコの価値が下がりがち

義理チョコが蔓延しているおかげで、本命チョコの価値が下がっているようにも感じます。

チョコをあげるのは礼儀だから、みたいな風潮で貰った側も義理だと思ってしまうんです。

まぁ、あげる側の工夫次第で本命かどうかは伝わりますが、どうしてもその他多数に埋もれがち。

本命の気持ちが込もった人から貰えたたった一つのチョコと、合計10個貰った中の一つの本命チョコ。どっちが嬉しいですか?

変わらんって人もいるかと思いますが私は嬉しさが半減すると思うんですよね。

女の子同士の友チョコとかは自由にやっていいと思いますが、男の人にあげるのは本命だけのほうがいいのではないか?と思った今日この頃です。

まとめ

義理チョコの価値について考えてみました。

礼儀だから。

みんなやってるから。

そういうものだから。

というような理由のチョコに価値はあるのでしょうか?そんな気持ちのチョコは女性自身めんどくさいと思いますし、男性もお返しが面倒くさいのです。

本当に感謝の気持ちがある場合以外の義理チョコは減っていくべきだと思います。

潤うのはチョコを販売している会社の利益だけです。

Sponsored Link


【関連記事はこちら】