意外と難しいパズドラの辞め時を解説!私はこう辞めていった

こんにちは。

パズドラの辞め時って意外と難しくないですか?

リリースから4周年を迎えるパズドラですが、当然これだけ長くやっていると辞めていく人も多いものです。

そんな中こんな風に思ったことありませんか?

パズドラやってるけどほぼ惰性。辞めどきがわからない。

なんで?辞めればいいじゃん。と思う方もいると思いますが、ここまで面白いゲームだと飽きたとしてもなかなか辞めることができないんです。

とりあえずログイン。という期間が私にも長い期間ありました。

現在私は既にパズドラを引退しました。

1000日以上の連続ログインも達成していて惰性の時期も沢山ありましたが、今はログインもしません。

この記事ではハマりにハマったパズドラを引退したキッカケを話していこうと思います。

もし辞めようと思ってるけどついログインしてしまう人の参考になればと思います。

決してパズドラ批判の記事ではないので楽しんでプレイしている人には不要な内容かもしれません。

Sponsored Link

辞められなかった理由

先ほども書きましたが、私はパズドラを飽きたな〜と思いながらもしばらくの間続けていました。

それには幾つかの理由があります。

1.そこそこの課金額

まずはじめの理由としては、課金して遊んでいたということがあります。

特に2013年頃はハマりにハマっていたので課金してガチャを引きまくっていましたし、スタミナを回復させてプラス集めを夜中までやっていた時期もありました。

こうなってくると辞め時を見失います。

これだけお金使ったんだからあっさり辞めるのは勿体無いなーと思うからです。

ランクもそこそこ上がり、プラス297モンスターも沢山作ったのでお金もそうですが時間もかなり使っていました。

勿体無いという感情が引退を拒んでいたのです。

2.やっぱりおもしろい

なんだかんだ言って面白いんですよね。パズドラ。

辞めようと思ってはいても数週間ごとにイベントが起こり、新しいキャラが追加され、新しいシステムが追加され、やっぱり楽しいんです。

飽きていても昔の情熱を身体のどこかが覚えているので、新キャラに対して欲しい!!と思ってしまうのです。

ダンジョンも凝ったものが多く出現し、人気アニメとのコラボもたくさんします。

うん。やっぱり飽きてもおもしろい。

3.義務感

パズドラに限らずゲームに対して義務感を感じてしまう人も多いと思います。

上にも書いたことですが、私はログインに義務感を持っていました。気付けば1年間もれなくログインしていて、次に気付けば2年、3年。

ここまで来た私はログインに義務感を持ちます。

結果、1000日以上も連続ログインしましたし、引退の妨げになった原因でもあります。

他にもプラスを集めなきゃ!とか、ダンジョンにnewが付いてると落ち着かない!など、義務感の種類は沢山あると思います。

あなたはどうでしょうか?

辞めるキッカケになった出来事

では、ここまで依存していた状態から抜け出すにはどうしたのでしょうか。

人それぞれキッカケになることは違うと思いますが、辞める時は驚くほどあっさりです。

私の場合はこうでした。

1.いつの間にかのログイン漏れ

そう、1000日以上の連続ログインが途切れたのです。

いつログインしなかったのかサッパリ記憶にないのですが、とある日にログインしたら「6日連続ログイン」って表示されていたんです。

え?

やっちまった。

驚くほど急速に熱が冷めていくのを感じました。笑

これまでの義務感な何だったのか。

2.ダンジョン難しすぎんねん!

これも大きなキッカケになっていると思います。

いつの日か、これクリアさせる気あるの?ていうくらいのダンジョンが増えてきました。

スタミナ99使うダンジョンとかに冷めていきました。先制攻撃で数万のダメージとか、パズルゲームなのにうまくパズルすると(コンボを繋げると)攻撃を吸収されるシステムとかにちょっとずつやられていきましたね。

その分プラス集めがあり得ないくらい今は簡単になっていますが、地道に集めるほうが個人的にはコレクション感が出て好きだったなー。

まとめ

私がパズドラをやめた理由を自己満足的にまとめてみました。

辞めることを勧めてるわけじゃないですからね。笑

楽しいゲームということは間違いないので存分に遊ぶべきです。辞めたいけど辞められないかたは参考にしてみてくださいね!

結論としては、

  • こだわりが崩れたとき
  • ダンジョンの進化に対応出来なくなった時

これらが訪れた時が辞めるタイミングかもしれません。

飽きても辞められないパズドラはやっぱりすごい。

Sponsored Link


【関連記事はこちら】