ブレイク必至!タカサキシティバンドとは? メンバーと担当楽器を一挙紹介

こんばんは

先日私の彼女が用事で群馬県に行ったのですが、帰ってきてからすごくキラキラした目であるバンドの話を始めました。

どうやら生で彼らの演奏を聴いてきたようでとっても感動した面持ち。

少し話を聞いてみると、彼らのバンド名は「タカサキシティバンド」とのことでした。

 

あまりにも熱心に「タカサキシティバンド」のことを話してくれるので、私自身少し興味をもったため調べてみました!

そんなタカサキシティバンドを紹介します。

Sponsored Link

タカサキシティバンドとは?

彼らは群馬県の高崎市を拠点にとして活動するバンドグループです。

今では都内でもオファーがあればライブに駆けつけてもらえるそうです。

飲食店やパーティ、イベントなどで行うライブステージはなんと年間300回以上!

リーダーのタケオ・リアルさんがピアノ・ヴォーカルを担当し、それに加えギターやサックス、トランペットと様々な楽器を駆使する20~30代のプロミュージシャン集団であります。

メンバー紹介

  • リーダー:タケオリアル
  • サックス:サブ片山
  • バイオリン:菅野佳宏
  • ドラム:津島周平
  • テナーサックス?:犬塚悠太
  • サポート、レコーディング:渡辺裕太
  • トランペット:鈴木雄大
  • アルトサックス:鈴木健太
  • ピアノ、ヴォーカル、ピアニカ:岩崎大貴
  • ヴァイオリン、ギター:竹内厚志
  • ドラム:佐藤大希
  • エンジニア:寺部孝規

担当にエンジニアがあるのは面白いですね。

聞いた情報だと、彼らはライブなどを行う際常に全員の参加ではなく、シフトのようなものを組んで4人ずつほどで行うのだそうです。

本業でほかの仕事をしつつ、バンドも活動しているようです。

仕事もしてやりたいこともやる。

見習いたい生き方ですね。

そんな彼らにはこんな想いがあります。

生演奏文化で高崎を元気な街に

実は私も群馬県出身です。

今は諸事情で群馬を出ていますが、他県民は非常に群馬県を見下しています(笑)

「グンマー」「秘境」「パスポートが必要」

ひどい言いぐさであります。笑

群馬県はいいところなんだぞっていうことを説明しても分かってもらえません。

なので、ご当地ゆるキャラの「ぐんまちゃん」が全国No.1に輝いたことは本当に嬉しかったです。笑

タカサキシティバンドさんについても、高崎を元気に!っていうことで活動されていますので今後の活躍で全国的に有名になっていくことを期待しています!

年間300回のライブを行い、人を感動させる実力を持っている彼らならそれが可能です。

ぜひ更なる高崎市の発展のため、そして群馬県の発展のため、活躍を祈っております!

そして応援していきます!

ガンバレ!タカサキシティバンド!!

Sponsored Link


【関連記事はこちら】