電気代が半分になるエアコン節約の裏ワザとは?やり方を公開

こんにちは。

なにかと生活を圧迫するものの1つに電気代があります。

夏も冬も生きていくためには電気を使わざるを得ないため、しょうがないという部分はあります。

 

しかし。

これを効果的に節約できるとしたら魅力的ではありませんか?

 

夏にも冬にも使用頻度が上がるものはエアコンです。

当然、春や秋の過ごしやすい時期に比べると電気代が跳ね上がります。

私が今回伝えたいのがこのエアコン料金の節約。

実はエアコンのちょっとした一工夫で電気代を圧倒的に下げることができるのです!

では、さっそく見ていきましょう!

Sponsored Link

温度を適切に

よく言われていることですが、夏は冷房を28度冬は暖房を20度にすると効果は高いです。

これは節電のためと捉えられがちですが結果電気代の大幅な節約にもなってくるのです。

なんと、エアコンの温度設定1度に対して変動する電気代は10%にもなるのだとか。

この考えに則ると、23度設定にしていた冷房を適正温度の28度にするだけで50%の節約になります。

エアコンによる電気代が半分になります。

これは大きな差ですよね。

 

ただ、やはりどうしても暑い季節には体調管理を優先し、暑くない程度の設定にすることも必要です。

適正温度とされる28度にする必要はありませんが、なるべく近づけることで大きな節約に繋がります。

 

意外と大事な風量設定

image

二つ目の節約ワザとしてあげたいのが風量設定に関しての小技。

あなたはエアコンの風量はどのような設定にしていますか?

この選択を正しくすることで更なる節約になります。

 

ではどんな設定が良いのでしょうか?

 

答えは「自動」です。

自動という設定は部屋の温度をエアコンが検知し、適切な風量を勝手に選択してくれるモードです。

設定温度との差が大きければ強風になり、差が縮まれば弱風になります。

実はエアコンというものは室温を設定温度に近づける間が最も電気を消費します。

つけたばっかりって強風になりますよね?

その強風にお金がかかります。

部屋を早く冷やそうとして強風にすれば適温になった後も強風状態が続き無駄になってしまいますし、かといって弱風にすればいつまで経っても設定温度になりません。

「自動」設定にすることで素早く涼しくなり、その後はほぼ運転しない状態になってくれるのでその間は電気代を抑えることができるのです。

本当に必要な分だけ働いてくれるのが「自動」なのです。

 

ON OFFを繰り返さない

 

部屋が涼しくなったらOFF、暑くなったらまたON とする人がたまにいますが、これは良くありません。

部屋の照明などもそうですが、ONにする瞬間が最も電気を必要とし当然お金がかかってきます。

前述のように自動設定にして、適温になってもつけっぱなしにしたほうが結果的に電気代節約に繋がるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

真夏や真冬はどうしても電気代を気にしてしまうところです。

少しでも抑えるため、

  • 温度を適切に
  • 風量は「自動」設定
  • ON OFFを繰り返さない

これらを実践してみてください。

すぐに効果が現れるはずです。

 

では、快適なエアコンライフをおくりましょう!

Sponsored Link


【関連記事はこちら】