スーパームーンを美しく見る為には?9月28日の天気はお月見日和!

image

こんばんは。

2015年9月28日はスーパームーンを見られるそうです。

月は晴れている日に見るととっても綺麗で美しいですよね〜。

うっすらと雲がかかっていると丸い虹が見られてこれもまた美しい。

 

この記事では珍しいスーパームーンについて、綺麗に見る方法や当日のお天気を知ろうというコンセプトでお話していきます。

 

ちなみに27日の月は十五夜であります。

Sponsored Link

 

スーパームーンとは月が地球に最も近づく日

まず、スーパームーンとは?という根本的なことからお話します。

スーパームーンとは、月が地球にものすご〜く近づいた日にのみ見られるとても珍しい月のことです。

月が近づくといったい何がそんなに珍しいのかと言いますと、月がいつもより大きく見えるのです。

遠い位置にある月の状態よりも約14%も大きく、さらに30%も明るく見えます。

美しくないわけがありませんね。

 

もっと珍しいとされている原因がスーパームーンを見られる頻度からわかります。

近年でこのスーパームーンを観測できたのは、1955年、1974年、1992年、2011年であり20年ごとに1度という頻度です。

今回は運良く?2011年から4年後のスーパームーンとなります。

ん、去年もあったっけ?

 

また、スーパームーンというのは月が地球に近づくだけではいけません。

地球に近づく+満月

が重なって初めてスーパームーンと呼ぶことができるのです。

20年に1度という頻度はここに依存しているのでしょう。

 

月が最大になるのは午前中

びっくり

今回のスーパームーンですが、少し残念なお知らせがあります。

それは月の大きさが最大になる時間について。

つまり月が地球に最も近づく瞬間の時間です。

 

実は今回はその時間が午前10時46分。

真昼間です。

がーん( ̄◇ ̄;)

さすがにこの時間に綺麗な月は拝めないでしょう。

しかし、とはいえ夜までに月が一気に離れていくわけもないので今年で最も美しい月が見られることは間違いないです。

ぜひ明日は夜空を見上げ、お月見でもいかがでしょうか?

 

また、日本にいる私には関係ないことですがヨーロッパやアフリカなどではスーパームーンと皆既月食が重なって観測できるようで、NASAは大盛り上がりなんだとか。

いいですね〜そんな神秘的な月をこの目で見てみたい。

 

ちなみに、当日の天気ですが全国的に晴れの予想となっております。(那覇に雨マークがあった。。)

月見にはふさわしい日のなるのではないでしょうか!

 

スーパームーンを美しく見るために

これは月に限らず星もですが、やはり都会で見るよりもビルなど建物の明かりや街灯のない田舎で見るのが一番でしょう。

まあ住んでいるところによっては都会の方も当然いますが、できれば少しでも街灯の少ない外れまで出て行くと良いと思います。

星よりは街灯の影響は少ないと思いますが、多少の差はあります。

 

珍しいスーパームーンなので綺麗に見たいものですね。

 

まとめ

どうですか?

スーパームーン、見る価値はあると思います。

今回を逃したら次はいつになるかわかりませんよ?笑

 

昼間に最大となってしまうのが心残りですが、決して綺麗なのが昼間というわけではないのでじっくり夜まで待ちましょう。

ニュースなどでは海外の皆既月食の映像も見られるかもしれません。

月においてとっても神秘的な日になることでしょう。

 

あなたもその肉眼でスーパームーンを目に焼き付けてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link


【関連記事はこちら】