需要はあるのか?噂の4インチiPhoneのメリットやデメリットをサイズ毎に比較考察

image

こんにちは。

あなたは現在スマートフォンを使っていますか?

スマートフォンの中でも日本ではAppleが製造しているiPhoneが大人気になっていますね。

そしてiPhoneはここ近年サイズが巨大化していき、最新のiPhone6sはなんと4.7インチ。

画面が大きくなることで文字や画像の見やすさはもちろん、ゲームアプリも操作しやすくなっています。

 

そんな中、噂されているのが来年に4インチiPhoneが登場するということです。

これまでもiPhoneは4インチのものを出していました。

iPhone5sまでのモデルが4インチにあたります。

果たしてそれをまた復活させる意図、そしてユーザーに需要はあるのか。

そんなことをお話していこうと思います。

 

Sponsored Link

 

4.7インチに人気が出なかった?

まず昔のサイズを再度採用するというAppleの意図を考えてみましょう。

現在は4.7インチという大きさが主流になっているiPhoneですが、このサイズになったのは一世代前のiPhone6からです。

現在のiPhone6sシリーズは二世代目ということになります。

そこで考えられるのが、大きいサイズに人気が出なかったのでは?ということ。

実際iPhone6が発売した頃、iPhone6 Plusの影響もあってか大きすぎるという声が上がっていました。

そしてその大きさ故、ポケットの中でiPhoneが曲がるという騒動が起こりました。

たしかPlusのほうは5.5インチなのでこれはたしかに大きすぎるのかもしれませんね。

家電量販店の店員さんに聞いたお話では、発売日から2〜3日は通常サイズもPlusも売り上げはほぼ同等らしいのですが1週間ほど経ってiPhoneマニアの方が買い終わるとPlusの売り上げはほとんどにストップしてしまうそうです。

つまり、普通に携帯電話としてのiPhoneが欲しい方にとって巨大サイズは少し邪魔になってしまうのかもしれません。

 

5.5インチより4.7インチの方が人気ということは、4.7インチより4インチの方が良いという声もありそうですよね。

今シーズンのAppleはiPhoneの売り上げが過去最高(?)らしいので決して4.7インチが不評ということはありませんが、過去の少し小さいサイズの需要もまだまだあるということでしょう。

 

画面サイズごとにおけるメリットとデメリット

image

では画面サイズが変わると使い心地はどのように変わってくるのでしょうか。

4.7インチと4インチにフォーカスしてメリットとデメリットを上げてみます。

 

4.7インチのメリット

画面が大きいことのメリットはまさに画面が大きいことですね。笑

もう少し細かく言うと、画面が見やすくメールやLINEなどの文字も読みやすいことです。

また、スマホでの文字入力のほとんどはフリック入力で行われています。

画面が小さいと隣のキーをフリックしてしまい誤字に繋がるケースが非常に多いですが4.7インチもあればそのようなミスも格段に減るでしょう。

 

そしてもう1つのメリットはゲームです。

最近は新しいゲームアプリが次から次へと登場し、操作方法も様々です。

当然操作しづらいゲームも存在しますので少しでも画面が大きいほうが遊びやすいでのです。

iPadまで大きくなると逆効果ですが片手で操作できる範囲のゲームであれば画面が大きいにこしたことはありません。

経験上横画面でプレイするゲームほど4.7インチの方がやりやすいです。

 

4.7インチのデメリット

画面が大きいことのデメリットは単純に携帯性を失うことですね。

大きいスマホを持っている方を見るとポケットに収まり切っていない人も多いです。

いつ落っことしてもおかしくないですよね。

当然重くもなります。

 

また、上記にも書きましたが曲がる可能性もまだゼロではありません。

ポケットに入れて座ったら曲がってしまった。なんてことになったらおもしろくありませんよね。

 

4インチのメリット

画面が小さいことのメリットと言えば、軽い、かさばらない、など持ち運びに便利になることです。

単純に大きいサイズのデメリットを克服する形となります。

 

4インチのデメリット

こちらも大きいサイズのメリットの逆となります。

操作性の低下や画面の見やすさの低下、そして一部のゲームがやりにくいということです。

 

が、しかし。

実際は使っていて操作しづらいとか画面が見にくいとかの不便さってあまり感じません。

確かに4.7インチと比較すると劣りを感じる場面が出るかもしれませんが普通に使っていてストレスがたまったりはしません。

個人的にはフリック入力をミスするくらい。

ですので4インチを好む人がいるもの納得であります。

 

まとめ

需要はあるのか?というタイトルにしましたが、十分に需要はあるのではないかと思います。

むしろiPhone5sまでは4インチが主流であったので大きなデメリットがあって巨大化の道を歩んでいるわけではないのです。

まー、単純に4.7インチのiPhone6以降はAppleのチャレンジだったのかも知れませんし売れる確信があってのことなのかは私には分かりませんが、どちらにも需要はあるってことです。

高性能4インチiPhoneの登場でまたそちらが主流に戻る可能性もあります。

 

と、まあ結局は好みなのかな?って思ってしまった結論なのでした。

Sponsored Link


【関連記事はこちら】