【新感覚】室内でスカイダイビング!?フライステーションが日本に上陸

 

こんにちは。

いきなりですけどスカイダイビングってやったことあります?

私はありません。

そもそも絶叫系のアトラクション自体苦手なのでなかなかチャレンジは難しい。。

でもはっきり言って興味はあります。

スカイダイビング経験者ってみんな揃ってこう言いますよね。

人生で1度は絶対経験したほうがいい。

そうは言っても、、怖い。笑

スカイダイビングってアトラクションとは違い、命の危険性まで考えてしまいがちですよね。

もちろんプロのガイドさんと飛ぶので心配はないんですがやはり心配。

私以外にもそんな人はいるはず。

ですが、、

もし室内でスカイダイビングができるとなったら興味沸きませんか?

命の危険がない、怖くない。

そんな新感覚のスカイダイビングができる場所「フライステーション」を紹介いたします!

屋内でスカイダイビング!新感覚のフライステーション(FlyStation)

スカイダイビング

フライステーションとは、現在ロシアやドイツにある自由自在に空中浮遊ができる室内施設であります。

どんなものかと言うと、専用の空間に数人で入り下から猛突風を起こします。

この技術は「ウィンドトンネル」といい世界最先端の技術として話題になっています。

海外の動画を見てみましょう!
 →室内スカイダイビング!フライステーション

体への負担も少なそうですね。

なんとこれ、実際のスカイダイビングをした場合の落下速度である時速200キロの風圧を受けることができ、当然体は空中に浮き上がります。

このフライステーションはスポーツに区分されているようですが、専用のスーツやヘルメットを着用するだけで誰でも体験が可能です。

もちろん爽快感や景色面などで本当のスカイダイビングには及ばないかもしれませんが、風圧を経験する練習だったり日常使わない筋肉を鍛えスカイダイビングの前準備にしたり、楽しみ方はたくさんあるでしょう。

ロシアのフライステーションには日本からのお客さんもいたのだとか。

そんな新感覚の施設が日本にも初上陸することになっています。

日本には2016年3月に埼玉・越谷市にオープン予定

肝心な、いつ頃からどこで日本でも体験できるようになるのか。ですが、見出しの通り2016年3月に埼玉県の越谷市でオープンすることが発表されました。

店舗の面積は2000㎡の予定になっています!

いまのところ埼玉県のみのオープン予定ですが、もちろん大人気となれば全国各地に施設が建つ可能性も十分考えられます。

スカイダイビングに興味はあるけど一歩踏み出せない!

というあなた!

ぜひ1度この「フライステーション」経験してみてはいかがでしょうか?

私はやってみたいなぁ~!

では。

Sponsored Link


【関連記事はこちら】